80年代ジャパコア黎明期を捉えたドキュメンタリー映画が34年の時を経て公開

映像作家・安田潤司監督によるドキュメンタリー映画「ちょっとの雨ならがまん」(1983)と「ファー・イースト・ベイビーズ」(1993)が8月18日より東京・新宿K’s cinemaなど全国で順次公開される。

『ちょっとの雨ならがまん』 ©2018 P.P.P.project

映画「ちょっとの雨ならがまん」は、80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録し、新世代のアーティストたちの表現に迫ったドキュメンタリー作品。同監督による長編デビュー作である「ファー・イースト・ベイビーズ」は、東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートなどの活動で知られていた奇才・飴屋法水と劇団メンバーが集結し、テクノクラートのマシンが轟音とともに圧倒的な存在感を放つ作品となっている。

『ちょっとの雨ならがまん』 ©2018 P.P.P.project
『ファー・イースト・ベイビーズ』 ©2018 P.P.P.project

今回、8月18日の公開に先駆けて、7月12日(木)に、池袋・新文芸坐にて先行上映イベントが開催される。イベントではトークショーや『ちょっとの雨ならがまん』オリジナルバージョンでの上映が予定されいる。
すでにチケットの一次販売は完売終了となっているが、7月7日(土)AM:10:00より追加チケットが販売される。
http://pppproject2018.peatix.com

『ちょっとの雨ならがまん』 ©2018 P.P.P.project

▪️映画『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』先行上映イベント
▪️日時:7月12日(木)
18:00 受付・入場開始
18:30 上映開始
22:00 終了予定

▪️会場:新文芸坐
▪️上映時間:
『ちょっとの雨ならがまん』(約35 分)
『ファー・イースト・ベイビーズ』(約90 分)
※この日に限り『ちょっとの雨ならがまん』はオリジナルバージョンでの上映

▪️トークゲスト:
『ちょっとの雨ならがまん』上映後
ゲスト:大根仁(映像ディレクター)、ISHIYA(DEATHSIDE、FORWARDボーカル)
▪️料金:3,000円(全席自由)
▪️チケット発売:
http://pppproject2018.peatix.com
※一次販売は終了
※7月7日(土)AM:10:00より追加チケット販売あり

▪️主催:silver gelatin

▪️『ちょっとの雨ならがまん』
▪️公式HP:http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/
▪️2018年8月18日(土)から新宿K’s cinemaほか全国で順次公開
▪️監督:安田潤司
▪️出演:
GAUZE
G.I.S.M.
THE EXECUTE
THE COMES
THE TRASH
CLAY
GASTUNK
町田町蔵
石井聰亙
サヨコ(ZELDA)
佐藤幸雄(すきすきスウィッチ)
マサミ
ほか
▪️配給:P.P.P.project + silver gelatin

『ファー・イースト・ベイビーズ』 ©2018 P.P.P.project

▪️『ファー・イースト・ベイビーズ』
▪️公式HP:http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/
▪️2018年8月18日(土)から新宿K’s cinemaほか全国で順次公開
▪️監督・編集:安田潤司
▪️脚本:安田潤司、唐原理恵
▪️出演:
石川成俊
棚橋ナッツ
上野仁
佐野秀介
和久田理人
柴崎賀宜
飴屋法水
SAKEVI(G.I.S.M.)
PANTA(頭脳警察)
石塚俊明(頭脳警察)
鈴木源一郎
キース
ショウ
ミズタニモトコ
永福町姉妹
宮崎マサヤ
友谷英孝
▪️配給:P.P.P.project + silver gelatin