映画『グッバイ・ゴダール!』の公開に先駆け原作本が発売中

7月13日(金)に公開日を迎える、ミシェル・アザナヴィシウス監督による映画『グッバイ・ゴダール!』の原作本が発売中。

ジャン=リュック・ゴダール2番目の妻であり、映画「中国女」の主演でも知られるアンヌ・ヴィアゼムスキー。死の直前に遺された2冊の自伝的小説『彼女のひたむきな12ヵ月』、『それからの彼女』がDU BOOKSより刊行され、現在発売中だ。

映画『グッバイ・ゴダール!』の原作となった『それからの彼女』では、ベルナルド・ベルトリッチ、フィリップ・ガレル、ビートルズ、ローリング・ストーンズをはじめとする人々との出会いや、五月革命に傾倒し商業映画と決別するゴダールに戸惑いを隠せないアンヌとの別れに至る決定的な出来事が起こるまでの日々が生き生きと、そしてときにユーモラスに描かれた一冊。

■『それからの彼女』
■アンヌ・ヴィアゼムスキー 著 原正人 訳 真魚八重子 解説 
■ISBN 978-4-86647-051-1 四六/並製/ 288 ページ/本体2,400 円+ 税

■『彼女のひたむきな12カ月』
■アンヌ・ヴィアゼムスキー 著 原正人 訳 山内マリコ 解説
■ISBN 978-4-907583-65-1 四六/並製/ 336 ページ/本体2,400 円+ 税
■発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン

■『グッバイ・ゴダール!』
■公式HP: http://gaga.ne.jp/goodby-g/
■公開日:7月13日(金)より全国順次公開
■主演: ステイシー・マーティン、ルイ・ガレル
■監督: ミシェル・アザナヴィシウス