『グレイ・ガーデンズ 』 &『グレイ・ガーデンズふたりのイディ』 ト ークゲストが決定

7月29日(日)に渋谷TOEIにて上映される伝説的傑作ドキュメンタリー映画『グレイ・ガーデンズ』&『グレイ・ガーデンズ ふたりのイディ』のトークゲストが決定。

ゲストにはコラムニストで映画やドラマ、文学など海外文化や女子カルチャーを中心に執筆する山崎まどか氏と、16歳で現代詩手帖賞を受賞し、高校3年の時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少で受賞した詩人の文月悠光氏を迎え、対談形式で映画についてトークを行う。

さらに、映画の上映に先駆けて各界の著名人から応援コメントが到着。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朽ち果てた豪邸に住む二人のイディはまるで神話の登場人物のようでもあり、
シャーリィ・ジャクソンの「ずっとお城で暮らしてる」の姉妹の行く末のようでもある。
夢見る人の残酷な顛末、母と娘の胸にこたえる真実。
グレイ・ガーデンズにまつわる全てが美しくて、滑稽で、悲しくて、愛おしい。
●山崎まどか(コラムニスト)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時計のないお屋敷で掃除なんかせず、
だけど毎日ドレスアップするイディの美意識の、極端なアンバランスさ。
彼女の歌と踊りに「この人やばい」と笑いつつ、
うっかり何度もあっち側の世界に連れて行かれそうになった。
●山内マリコ(作家)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちが、自分の人生を自分の身体を以って生きてきたのと同じように、
彼女たち2人のイディは、彼女たちの人生を彼女たちの身体を以って生きてきたはず。
そのストーリーはgoogle、wikipediaなんかでは把握のしようもないし、
もちろん他人に値踏みされるような軽々しいものでは決して無い。
それでも身勝手な私たちが「大人になんかならないで」と彼女たちにとやかく託してしまう時、
そのとんでもなく身勝手な願いの中に、微かに香るロマンチックな謎。
その不思議を解き明かそうとする、なんとも愉快な2つの映画。
●サヌキナオヤ(イラストレーター)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知る人ぞ知るドキュメンタリーの傑作? 『グレイ・ガーデンズ』には歌がある。踊りがある。
笑いがあって涙がある。手に入れた土地で自分流の暮らしを守りぬく誇り高き母娘の「西部劇」でもある。つまり映画なのだ!
●藤井仁子(映画評論家)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【イベント詳細】
■日時:2018年7月29日(日)
■会場:渋谷TOEI シアター②189席(9F)
17:00 開場
17:30『グレイ・ガーデンズ』開映
(入れ替え&開場)
19:30『グレイ・ガーデンズ ふたりのイディ』開映
21:05 コラムニスト・山崎まどか氏と詩人・文月悠光氏によるトークショー
イベント終了は21:35を予定。

【チケット】
■渋谷TOEI 劇場1Fチケット窓口にて販売。入れ替え制。
■当日券:各作品1,800円
■前売券:各作品1,500円
■前売券は7月14日土曜日より上映前日まで、渋谷TOEI 劇場1Fチケット窓口で販売。