W杯2018決勝戦に乱入で話題沸騰、プッシー・ライオットに関する日本初の書籍が刊行

フェミニスト・パンク集団、プッシー・ライオットのグループメンバーによるエッセイが日本初刊行。

2011年に哲学やジャーナリズムを専攻する学生たちを中心に結成された、ロシアのモスクワを拠点とするフェミニスト・パンクグループ『プッシー・ライオット』。

2012年にプーチン大統領の再選(第3期目)への抗議活動として、モスクワの大聖堂で手作りの目出し帽を身に纏い、反プーチン政権の曲を演奏。メンバーの3人が逮捕され、のちに2人(マリア・アリョーヒナ、ナジェージダ・トロコンニコワ)には禁錮2年の判決が下される。
彼女たちの解放を求め、オノ・ヨーコ、スティング、パティ・スミス、レディオヘッドなど100名を超える著名ミュージシャンがグループの支持を表明。2013年に2人は釈放された。

2018年3月にはロシア大統領選前日に新曲“Elections”のビデオを公開。サッカー・ワールドカップ2018の決勝戦で、警察官の格好に扮したメンバー4人が、ロシアの政治的現状に注目を集めるためピッチに乱入したことでも話題を呼んだ。
今回、メンバーの一人であるマリア・アリョーヒナ本人がグループの結成、2012年のモスクワの大聖堂でのパフォーマンス、逮捕と服役期間の真相などを本書で明かしており、Vogue UK、The New York Times Book Review、The Guardian、Financial Timesなど各紙で注目を集めている。

プッシー・ライオット(Pussy Riot)
2011年に哲学やジャーナリズムを専攻する学生たちを中心に結成された、ロシアのモスクワを拠点とするフェミニスト・パンクグループ。ロシアの家父長制の社会に異を唱え、政治腐敗にも声を上げる。

■著者: マリア・アリョーヒナ(Maria Alyokhina)
1988年モスクワ生まれ。プッシー・ライオットの創設メンバー、アクティビスト、アーティスト。愛称はマーシャ。2012年、モスクワの大聖堂での反プーチン政権の曲の演奏により、フーリガン行為の罪に問われ禁錮2年の判決を言い渡されたのち、世界で最も厳しいシステムをもつと言われるウラル地方の刑務所へ送られた。2012年オノ・ヨーコ平和賞、2014年ハンナ・アーレント賞受賞。

■監修: 上田洋子
■翻訳: aggiiiiiii (アギー)
■四六 / 224ページ予定 / 並製
■2018年10月発売予定ISBN978-4-86647-075-7
■予価:本体1,900円+税
■発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン