角川シネマ新宿がアニメ専門劇場としてリニューアルオープン、細田守監督の特集上映も

角川シネマ新宿がアニメ専門劇場として7月28日からリニューアルプレオープン。

邦画、洋画、実写、アニメなど様々なジャンルの作品を上映してきた角川シネマ新宿。がアニメに特化した作品を上映するシアターとしてリニューアルする。

5F エントランススペースイメージ画像

5階フロアの「シネマ2」はアニメギャラリーとして開館しており、カフェのコラボメニューやギャラリーディスプレイと連動し、より作品世界を深く楽しめる体験を提供する。

7月28日から8月24日まで、特集上映『細田守フィルムフェスティバル』が開催され、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に加えて、『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』が上映される。
5階のアニメギャラリーでは、「細田守監督作品フィルムワークスギャラリー」(入場無料)も開催。公開当時の『Newtype』特集記事、複製原画、細田守監督やコミカライズ作家のサイン色紙などが展示されている。

■『細田守フィルムフェスティバル』
■会期:2018年7月28日(土)~8月24日(金)
■会場:東京都 角川シネマ新宿
■上映作品:
『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』(監督:細田守)
『時をかける少女』(監督:細田守)
『サマーウォーズ』(監督:細田守)
『おおかみこどもの雨と雪』(監督:細田守)
『バケモノの子』(監督:細田守)
■料金:各回1,000円 『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』のみ800円