S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』70mmフィルムで上映

スタンリー・キューブリック監督による『2001年宇宙の旅』70mm版での特別上映が10月6日から東京・京橋の国立映画アーカイブにて開催される。

『2001年宇宙の旅』 ©2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

ユネスコが定めた10月27日の「世界視聴覚遺産の日」を記念し、国立映画アーカイブにて毎年行なわれている上映イベント。
今年はスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』の製作50周年を記念し、1968年の公開当時と同様の映像、音、上映方法で上映する。

フィルムは、クリストファー・ノーランとワーナー・ブラザースの監修により、オリジナルネガからデジタル処理を介さずに新たにプリントされた70ミリフィルムを使用。
音響は6チャンネルサウンドを採用し、上映前の前奏曲から休憩中の音楽、終映後の音楽まで再現される。
今回用いられる70ミリフィルムは、5月に『第71回カンヌ国際映画祭』クラシック部門で上映された後、欧米各地の70ミリフィルム上映館やフィルムアーカイブを巡回中。なお現在日本国内で70ミリフィルム映画を上映できる劇場は、国立映画アーカイブのみのため、今回が最後の上映となる。

『2001年宇宙の旅』 ©2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

■『ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント 製作50周年記念「2001年宇宙の旅」70mm版特別上映』
■日時:2018年10月6日(土)、10月7日(日)、10月11日(木)~10月14日(日)
■会場:東京都 京橋 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU
■上映作品:『2001年宇宙の旅』(監督:スタンリー・キューブリック)
■料金:一般2,500円 高校・大学生・シニア2,000円 小・中学生・障がい者(付添者は原則1名まで)1,300円
※国立映画アーカイブおよび東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ料金は当日券のみ1,900円