水カン・コムアイが映画をセレクト、hotel koe tokyoで『シネマ・コエ』開催

東京・渋谷のhotel koe tokyoにて映画上映イベント、『シネマ・コエ #1』が開催される。

『シネマ・コエ』は、“あたらしい映画体験”をつくりだすシアタープロデュースチーム「Do it Theater」と、ライフスタイルブランド「koe(コエ)」が2018年2月にオープンした、新たなライフスタイルと文化を発信する渋谷の注目スポット「hotel koe tokyo」がコラボレーションして開催する映画上映イベント。

『シネマ・コエ』では、多様性の時代と言われるいまの渋谷を象徴する “あの人”がセレクトした「いま渋谷で観るべき映画」を上映。

第1回目に上映する映画をセレクトするのは、音楽・映画・ファッションなどジャンルを超えた活躍でいまの渋谷カルチャーを象徴する、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ。上映タイトルは当日会場で発表される。

さらに、イベントのオープニングにはコムアイが登壇し、上映前にタイトルを発表、映画の紹介を行う。

今回のイベント開催を記念して、コムアイのコメントとメッセージムービーが公開された。

<コメント>
渋谷というより東京で上映したい映画として選びました。東京のどこかといえば大手町あたりでしょうか。
東京が帝都と呼ばれていた時代の話です。
この映画は関わっている映画人の豪華さを凌ぐ、名シーンの数々、ただ屋根を舐めるだけ、石畳を映すだけでも強烈で、美しくて、きっと美味しいごはん食べてる手も止まります。展開も怖いのか笑えるのか、サスペンスなのかホラーなのか、行きすぎてコメディなのか、わからないけど、これを観た後では、東京がどう
いう場所か、その印象ががらりと変わるはず、そういう映画です。一緒にこの山を乗り越えた暁には、カップルや友人同士で、”加藤ごっこ”やっていただきたい。
どうぞお楽しみに!
(やっぱり渋谷は映画の街、どんどん上映やってほしいです。素晴らしい企画をありがとうございます。)

■コムアイ(水曜日のカンパネラ)プロフィール
1992年、神奈川県出まれ。「水曜日のカンパネラ」の主演、歌唱担当。VOGUE
JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017を授賞、映画『猫を抱くもの』に女優とし
て出演するなど、様々な活動を行なっている。2018年6月最新EP「ガラパゴス」リリース、10月より国内4都市含むアジア10都市を巡る「ガラパゴスツアー」を開催。国内、海外問わずに活動の幅を広げている。

■日時:
2018年12月20日(木)
19:00 - 開場
19:30 - スタート
22:30 - 終了予定

■会場:hotel koe tokyo 1Fロビー (東京都渋谷区宇田川町3-7)

■アクセス:JRほか「渋谷駅」より徒歩4分

■チケット料金:
・映画チケット+ディナーボックスA(エビグラタン&ローストビー
フサラダ)+1ドリンク/ 2,500円(税込)
・映画チケット+ディナーボックスB(ジャンボプルコギチキン串&
ペンネアラビアータ)+1ドリンク/ 2,500円(税込)
・映画チケット+1ドリンク / 2,000円(税込)

■チケット発売:peatixにて12/6(木)より発売 (https://peatix.com/event/577969/view
主催:hotel koe Tokyo (http://hotelkoe.com/)
シアタープロデュース:Do it Theater (https://www.ditjapan.com/)
協力:株式会社モノリス (http://www.monolith2001.com/