第9回「MyFFF」ラインナップが発表、短編・長編合わせて28作品が世界各地で配信へ

1月18日(金)から2月18日(月)までの1ヵ月間にわたり「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」(MyFrenchFilmFestival.com)が開催される。

「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」キービジュアル

若手映画制作者によるフランス映画のショーケースというコンセプトのもとに生まれた「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」は、世界中のフランス映画ファンとオンラインでつながり、情熱を共有する革新的な映画フェスティバル。

第9回目となる今回は、レオス・カラックスの『汚れた血』、ロックコンサートの会場で出会った若い男女の恋と別れを描いた『フェイク・タトゥー』、街娼として僅かな金を稼ぎながら男性に愛を求める青年の姿を映し出す『ソヴァージュ』など最大28本が配信予定。

作品はイベントのオフィシャルサイトに加え、iTunesなど各動画配信サイトで視聴可能。60分以下の短編映画の配信は無料となる。
さらに第9回目を迎える今回は、東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京をはじめとし、複数地域でスクリーン上映も予定されている。

『フェイク・タトゥー』
『汚れた血』
『ソヴァージュ』

■第9回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル
■2019年1月18日(金)~2月18日(月)
■公式サイト:https://www.myfrenchfilmfestival.com
■上映作品:
『勤務につけ!』(監督:カンタン・デュピュー)
『神よ、お助けを!』(監督:ジャン・リボン、イヴ・イナン)
『ギャスパール、結婚式へ行く』(監督:アントニー・コルディエ)
『ディアーヌならできる』(監督:ファビアン・ゴルジュアール)
『ソヴァージュ』(監督:カミーユ・ヴィダル=ナケ)
『ピッチの上の女たち』(監督:ジュリアン・アラール)
『フェイク・タトゥー』(監督:パスカル・プラント)
『汚れた血』(監督:レオス・カラックス)
『花々』(監督:バティスト・プティ=ガッツ)
『青い犬』(監督:ジェレミー・トルイ、ファニー・リアタール)
『夜明け』(監督:ジュリアン・トゥローマン)
『野獣』(監督:ジェレミー・コント)
『一人の男、私の息子』(監督:フロラン・グエルー)
『コレクション』(監督:エマニュエル・ブランシャール)
『ジュディット・ホテル』(監督:シャルロット・ルボン)
『ワイルド・ラブ』(監督:ポール・オートリック、カンタン・カミュ、レア・ジョルジュ、マリカ・ローデ、ゾエ・ソティオー、コレンタン・イヴェルニオー)
『小さな手』(監督:レミ・アリエ)
『私たちの愛は誰にも負けない』(監督:ロール・ブルドン=ザラデール)
『7つめの大陸』(監督:ノエ・ドゥブレ)
ほか